オフィス移転にかかる費用・相場!コスト削減のためにできること

オフィス移転でコスト削減を目指そう!~移転に必要な費用とは~

オフィス移転にかかる費用・相場!コスト削減のためにできること

オフィス

退去時にかかる費用

現オフィスから新オフィスへ移動するのに、最も大きな費用がかかるのは「退去時」になります。退去時には、オフィスから出るために、原状回復工事費や明け渡し日までの家賃及び水道光熱費などが発生します。家賃や光熱費は一般的に日割りになるので、退去前に計算しておくといいでしょう。原状回復工事費については、坪単価2万~3万円程度が相場ですが、大型のタワービルの場合には4万円から5万円が目安になります。

引っ越しにかかる費用

新オフィスに引っ越すときにかかる費用はおよそ社員一人あたり2万から3万円程度と見積もっておきましょう。また、引っ越しに費用はこれだけでなく、什器などの産業処理費も含めます。産業処理費は2tトラック1台あたり8万円程度が相場と言われています。この引っ越しにかかる費用は、工夫すればコスト削減をすることができるので、オフィス移転の際には段取り良く引っ越しを進めましょう。

新オフィスにかかる費用

新オフィスを業者に依頼した場合、内装工事費で坪数×10万円~20万円ほどかかり、家具購入費が個人の椅子と机まわりでおよそ10万円~15万円ほどになります。それに加えて、インフラ設備費で社員一人当たり、5万円~7万円がかかってきます。また、委託金も支払わなければならないです。委託金は交渉することで減らせる部分もありますので、上手に交渉しましょう。

コスト削減を目指すなら!

オフィス移転でコスト削減を目指すなら、予算を決定する前に一度オフィスデザイン会社に相談するのもありです。オフィスデザイン会社なら予算上限から細かい条件をヒアリングして最適な物件を選んでくれます。

オフィス移転でコストを安くする方法

no.1

移転は業者に依頼しない

オフィス移転を専門業者に依頼したら、どうしても費用の負担がかかってしまいます。そのため、オフィス移転で費用がかかることを懸念している場合、いっそのこと、移転や内装作りは自社の従業員全員で行なうといいでしょう。業者に依頼しないことで大幅にコスト削減が可能です。

no.2

必要最低限のアイテムを購入する

オフィス移転を機に新しく様々なアイテムを購入しがちですが、「果たしてそのアイテムが会社やビジネスにとって必要か?」ということを考えた上で選ぶようにしましょう。コスト削減のためにも購入するのは必要最低限のアイテムのみでいいです。

no.3

居抜き募集をかける

レンタルオフィスの場合、退去時に借りていたオフィスはスケルトン渡しが原則とされています。そのため、原状回復が必要になり、元通りのまっさらな状態にするのに、100万円以上の費用が必要と言われています。しかし、居抜き募集をかけ、上手く成立すれば原状回復費用を削減することが可能です。

広告募集中