貸事務所を借りるときに知っておきたい基礎知識

貸事務所の契約の種類~普通借家契約と定期借家契約の違い~

結論から言うと・・・

新大阪で貸事務所を選ぶ際には普通借家契約を選ぶといいです。普通借家契約では書面でも口頭でも契約できるので、スムーズに貸事務所が借りられます。一方、定期借家契約の場合、公正証書に限るので手続きが面倒です。

貸事務所に関連するQ&A

貸事務所でも賃料の値引きは可能でしょうか?

結論から言いますと、値引き自体はできる可能性が高いです。しかし、値引きはオーナー、管理会社しだいということになります。そのため、賃料の値引きをしたいという方はまずはオーナーや管理会社に交渉、相談するといいでしょう。

貸事務所を借りるときに鍵交換費用はとられますか?

基本的な考え方としては、「入居者が問題なく使えるように鍵交換はオーナー側で負担する」ということが多いです。しかし、貸事務所によっては鍵交換費用が入居者が負担する場合もあります。そのため、鍵交換費用がとられるかは事前に不動産屋に聞いておくといいでしょう。

貸事務所で契約するときの費用はどれぐらい?

具体的な費用の数字は各物件ごとに異なるために分かりませんが、敷金・礼金・保証金・入居時の日割り賃料・共益費・仲介手数料などがかかります。また、場合によっては次月分の賃料や共益費が含まれることもあります。

移転するときに二重で家賃を支払いたくないのですが・・・

オフィスの移転を考えているなら、その旨を不動産屋に相談するといいでしょう。きちんと移転計画をしていれば、二重に賃料を支払わないように、入居日をずらしてくれるはずです。急なオフィス移転であってもまずは不動産へ相談です。

貸事務所を借りるときに知っておきたい基礎知識

社内

普通借家契約

普通借家契約の場合、契約期間は1年以上で設定されますが、一般的に2年としている不動産会社が新大阪では多いです。また、普通借家契約では、借り主側からの中途解約に関する特約を貸主が定めることができ、解約の予告期間や突然の解約での違約金が各貸事務所ごとで異なります。そのため、普通借家契約を選ぶ際にはきちんと契約書類や重要事項説明書を読んでおきましょう。

定期借家契約

定期借家契約の場合、契約更新がなく、不動産会社と取り決めた契約期間が過ぎた時点で、貸事務所を明け渡す必要があります。しかし、契約が終了しても、借主と貸主が合意すれば再契約を結ぶことは可能です。ただ、中途解約する場合、普通借家契約に比べて定期借家契約の方が多額の違約金が設定されているケースが多いです。そのため、定期借家契約を選ぶ場合には、特約事項についてあらかじめ確認しておくべきです。

広告募集中